フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
毎日10時-19時
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

オーストラリア現地滞在中の方向け必見情報~コロナ発生以降~Onshore Student information 2021-COVID-19

こちらのページでは、新型コロナウィルス発生後も引き続きオーストラリア国内に滞在中の方向けの情報ページになります。
コロナ発生後でも引き続きオーストラリア国内にて滞在を希望されている方への一助になれば幸いです。

現地の保険をお探しの方

OSHC(海外留学生保険)


学生ビザへの切り替えをご検討頂かれております皆様の場合には、オーストラリアの保険会社が提供しています、海外留学生保険(Overseas Student Health Cover)への加入が義務付けられております。
こちらの保険は、所謂、オーストラリア版健康保険の類いになります。
その為、盗難・紛失他、損害保険の適用外となり、診察の際に先に、診察料を先払いします。お支払い後、後日、加入中の保険会社に請求(クレーム)を行い、オーストラリア国内のお持ちの銀行口座に返金をされるシステムになります。

OVHC(海外旅行者健康保険)


学生ビザの方以外のビザで引き続きオーストラリアに滞在を続けられる方の場合で、日本出発前に加入されました海外旅行保険が満期になり、オーストラリア現地で延長手続きが出来ない方は、こちらの保険への加入が、オーストラリア国内からでも可能です。
先の、海外留学生保険(Overseas Student Health Cover)と同様に、オーストラリアの保険になります。こちらも医療健康保険の適用となります。
以下の様なビザ保持者の方も加入が可能です。

  • ワーキングホリデービザ
  • 卒業生ビザ
  • 就労ビザ
  • 観光ビザ
  • ブリッジングビザ
  • パンデミックビザ

弊社ではこちらのOVHC(海外旅行者健康保険)の加入手配もサポートしております。

海外で無保険というのは、万が一に何かあった際には心配ですので、必ず何かしらの保険にご加入を頂く事を強くお勧め致します。

通学をご検討中の方


  • 現在のワーキングホリデービザの有効期限が近付いてきたので学生ビザに切り替えをしたい
  • 現在の学生ビザの有効期限が近付いてきたので学生ビザ延長をしたい
  • 日本帰国前にもう少し英語力を向上させたい
  • 日本帰国前に何かスキルを身に付けて帰国をしたい
  • 永住権を視野に入れた長期留学を考え始めた
  • 卒業生ビザ含めたオーストラリアでの職務経験を積んでいきたい

上記の様な事をご検討されている方はお気軽にご相談を下さい。


コロナになり、より目的意識を持った留学をされる事により、コロナ終息後の方向性がより明確に、そしてスタートダッシュをし易くなるという事も今後は考えられます。今オーストラリアに滞在できている皆様はある意味、留学したくても日本から出国できない方と比べてもかなり幸運です。より実のありある留学生活を送りましょう。

現地でビザの切り替えをご検討中の方

学生ビザへの切り替えの流れ(基本情報)

学校を決定します

学生ビザは学校に就学することによって認可されるビザになりますので、まずは学校を決定する事から始まります。

学校への入学手続き開始

入学手続き後に、入学確認書(Offer of Letter)を発行頂き学費のお支払いをします。

入学許可書(Confirmation of Enrollment)を学校より入手

学生ビザ申請に必要な学校側が発行する書類になります。こちらの書類が無ければ学生ビザ申請はできません。

学生ビザ申請に必要な事前情報を確認並びに収集

学生ビザ申請の際に、英文の就学理由や過去10年間の渡航履歴、職務経歴等の情報を事前に用意頂きます。弊社では、就学理由作成のサポートや事前情報のアドバイスを対応させて頂いております。

学生ビザのオンライン申請

オンラインで学生ビザ申請を行います。学生ビザ申請サポートも弊社で行っております。ビザ申請費用は、学生ビザ申請前に保持されているビザの申請場所などによって申請費用に加算して追加費用(A$700)が移民省より請求される(弊社の手数料ではありません)ケースもありますので、詳しくはお問合せ下さい。

ビザ申請後は、ブリッジングビザAに切り替わります

ブリッジングビザAは学生ビザ申請後の、学生日ビザ認可までに前回のビザが有効期限切れになった翌日から発行される一時滞在ビザになります。

学生ビザ認可

学生ビザ認可後は、学生ビザ条件を順守して就学をしましょう。

学生ビザをオーストラリア国内で申請される場合には、必ず現在保持されているビザの有効期限内に行う必要があります。万が一、有効期限を1日でも超えた場合には、不法滞在となり、先5年間はオーストラリアへの入国が認められないばかりか、将来的なビザ申請の際に問題になったり、オーストラリア以外の外国のビザを申請される際にも何らかの影響を受ける可能性もありますので十分にご留意を下さい。

よくある質問

海外留学生保険(Overseas Student Health Cover)はどのタイミングで加入をするのでしょうか?
加入手続きは学校の入学手続きと併せて同時に手続きを開始致します。手配サポートは弊社にて対応させて頂いております。尚、保険費用は、学生ビザ有効期限を全てカバーする期間の加入が必要になります。
パンデミックビザ申請の為に、OVHC(海外旅行者健康保険)の手続きはどのタイミングでするのでしょうか?
手続きのタイミングは、学生ビザからの切り替えの場合には、現在のビザが有効期限になる2週間前ぐらいに手配を開始されるのが海外留学生保険(Overseas Student Health Cover)との2重加入になる期間をできるだけ少なくする為にはお勧めです。
卒業生ビザ申請の為に、OVHC(海外旅行者健康保険)の手続きはどのタイミングでするのでしょうか?
手続きのタイミングは、必ず、卒業生ビザをオンライン申請するまでに手配をする必要があります。
卒業生ビザはどのような方が申請できるのでしょうか?
卒業生ビザ情報こちらより基本情報をご参照下さい。
オーストラリア国内の学生ビザの審査状況はどんな感じでしょうか?
現在も引き続き審査は動いておりますが、2021年1月以降少し、審査期間に時間を要しているケースが出てきている傾向です。但し、学生ビザの認可率はコロナの影響もあってか、高くなっております。
コロナの影響により学生ビザの条件が何か変わりましたか?
2021年5月8日、政府は、学生ビザの方でもTourismまたはHospitality業界で就労される方の場合には、これまでの2週間で40時間の就労時間制限が外れ、フルタイム(週35~40時間)での就労が特別に認められる事になりました。
ビザの切り替えは余裕を持って進めるのが得策です。2021年4月19日よりコロナ発生による国境規制後、初のオーストラリアからニュージーランドへの渡航が再開しました。引き続き、日本を含めた海外からの入国には規制がありますので、オーストラリア現在滞在できている事を幸せと思いながら、オーストラリア生活を少しでも充実したものにして下さいね。

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

毎日10:00~19:00  メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン